トップイメージ

看護師アルバイトの求人事情

従来の看護師業務は常勤が一般的であり、特に総合病院のような大きな医療機関、施設においては、24時間体制で動いていることから、看護師も日勤、夜勤、早朝出勤に加え、シフトに応じて休日出勤の必要もありました。

そのため、過酷な現場のひとつとも言われており、出産、育児から体調の問題などの理由で離職率も非常に高く、慢性的な人員不足に落ちっているのも事実です。

しかし、近年では雇用形態も大きな変化を見せるようになり、常勤求人しかなかった看護師の現場においても、パートや派遣、アルバイトと言った形での募集が多く見られるようになりました。

そのため、今後勤務時間の関係から退職せざるを得ないと考えている現職看護師の方から、常勤以外の雇用がほとんど無く、再就職を諦めていた元看護師の方においても、新たな活躍の場が生まれたとも言えるのです。

その中でも、特に時間の融通が利きやすいこと。勤務時間、日数が限られている看護師アルバイトにおいても人気が集まるようになりました。

勤務も常勤に近い平日日勤のみのものから、週1日のみの勤務となるもの、場合によってはイベントや移動検診業務などの看護補助のような単発アルバイトまでさまざまなものがあります。

アルバイトと言う特性上、ハローワークなどではあまり見られる求人ではありませんが、インターネット上の看護師求人サイトを中心に、看護師のアルバイトを募集している医療機関も多く見られるようになってきているのです。